開運はしぐさと心持ちで変わる

開運は動作や身のこなしで随分変わることができます。「私は何をやってもだめだ」と諦めたり悲観的になっている人には運が開けることはありません。「今日も1日元気に過ごそう」と朝から気持ちよく迎えることで運が流れてきます。たったそれだけのことで開運に近づける事ができます。
例えばお財布をぞんざいに扱ってしまうだけで運気は開けなくなります。物を大切に使うということはとても大切で、大切に使うことでモノからそれ相応のお返しをしてくれるばずです。あまり気にかけていない物をひとつひとつ大切に扱うことで運気は開けてきます。
また、家などを汚いままにすると運気は遠ざかります。家には人の想念や物がある為、負がたまりやすい場所のひとつです。特に掃除をした方がよい場所はトイレと玄関です。トイレには悪想念を流してくれる場所であるのでトイレが汚いままだといつまでも悪い想念は残り悪循環になってしまいます。玄関は人を招く場所であり運気を招く場所でもあるので常に綺麗にしておくと運気が流れてきます。
開運をするにあたって喧嘩や言い争い、独り占めをするのは運気を下げることになります。大切なことは目に見えないですが、常に感謝の気持ちを持ち、感謝を常日頃から伝えることで運気を運んでもらったりできます。自分の一番よいコンディションを常にイメージすることで気持ちが前向きになりプラス思考で物事を考えてることにより周囲の環境も良くなります。
開運をはじめる時には身のこなしや意識を高く持つことで以前より見える世界が変わると思います。
また、開運に繋げるパワースポットに行くことやパワーストーンを身に付けることにより運気を上げるサポートをしてくれます。開運をするのは今この時からでもできます。開運出来るよう意識しよい運気を呼び込みましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.